小さい子供に起こる肘が抜ける肘内障治療

今回は小さい子供に起こる肘が抜ける肘内障治療を紹介します。
子供の手を引っ張った際に肘が抜けて急に子供が肘を痛がる経験をしたことがある人も多いと思います。
肘内障は2歳~4歳ぐらいの小さい子に起こることがほとんどですが、今回の患者さんは小学3年生の子で、友達と腕の引っ張り合いをして遊んでいる時に急に肘が痛くなったということで来院されました。
逆の手で痛みがある腕を支えていて、腕を全く動かすことができませんでした。

上記のような姿勢で肘に負担のかからないようにしています。

痛みがある肘をみると特に腫れなどはなく、肘内障と判断し整復したところ腕を動かすのも全く痛くなくなりました。
念のためそのあとすぐにレントゲンを撮ってきてもらったのですが、特に異常もありませんでした。
小学校3年生で肘内障が起こることはあまりないと思いますが、小さい子は腕を引っ張った際に肘内障になることも多いのです。
肘内障の特徴
・2~4歳ぐらいの小さい子に起こりやすい
・肘が抜けると急に泣き出し痛めた腕を使わなくなる
肘内障が発生する原因
・親などが子供の手を引っ張る
・子供が床などでゴロゴロしているときに自分で腕を体の下に持っていってしまい自分の体重で引っ張ってしまう
・転倒して手を突いて起こることはまれ
肘内障になったときの症状
・腕をだらーんとし、肘を少し曲げ、手の平を下にして、逆の手で腕を支える
・腕全体を痛がるが肘の外側あたりの痛みが強い
・肘に腫れはでない

赤丸のところが肘が抜けるところですが、肘内障の場合腫れや変形など外見上の変化はほとんどありません。

肘内障の治療は整復をすればすぐに痛みはなくなり、肘が動かせるようになるのでそれで治療は終わりになることが多いです。
肘内障は再発することもありますが、成長に伴ってほとんど発生することはなくなっていきます。
また変形などの後遺症も残ることはほとんどありません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP