生活習慣障害

生活習慣障害とは?

生活習慣障害とは、普段の日常生活から起こる肩や腰・膝の痛み、指などの腱鞘炎などを呼びます。
特に捻った、ぶつけたなどの身に覚えがなく、日常生活の負担により症状を発生させることが多いです。
そのため、生活習慣障害の治療では、
カラダの姿勢
使い方の改善
が、大切になってきます。

カラダの姿勢の重要性とは

例えば、肩や首に痛みを感じる方の多くは、カラダのバランスが乱れ姿勢が崩れて猫背になっています。猫背になると、頭は前に出て背中が丸くなり首や肩に過剰に負担がかかり痛み発生させます。

頭が前に出るとなぜ首・肩に負担がかかるのか?
人間の頭は、約5キロ~6キロの重さがあります。本来、背骨の上に頭があるため簡単に支える事が出来ます。しかし、猫背になり頭が前に出てしまうと首や肩の筋肉で支えなければいけないため筋肉に過剰に負担がかかってしまいます。
そのため、肩や腰の痛みなどの生活習慣障害の治療にはカラダの姿勢改善が大切になります。

使い方の改善とは

使い方の改善とは、カラダの使い方を良くしていきます。
例えば、前かがみという動きにしても負担が変わっていきます。
ここに二枚の写真があります。右と左ではどちらのほうが腰に負担がかかると思いますか?

 
正解は、左側です。
右側の写真は、背骨が首から腰まで全体的に丸まっており、股関節もしっかり曲がっているため負担が分散しています。
しかし、左側の写真では腰の背骨が大きく曲がり、股関節があまり曲がっていません。この状態で、様々な動きを日常生活で送っていると腰の筋肉に過剰に負担がかかるため痛くなってくるのです。

マッサージだけで、痛みが改善しないのはこれが原因です。

生活習慣障害改善のためのこだわりの治療法

1、あなたに、カラダの状態をしっかり把握して頂きます。

・なぜ、痛みが出ているのか?
・どのようにしていくことで改善していくのか?
治療を行っていく上で、この二つのポイントは必ず理解して頂くようにしています。
痛みの出ている原因・改善方法がわからないまま治療を受けているのはとても不安です。
痛みの原因・改善方法をご理解して頂き、安心して治療を行っていきます。

また、根本的な改善を行うために簡単なストレッチやエクササイズを行っていくことがあります。その際に、ご自身のカラダを把握して頂いた状態で行った方が効果が高くなりますのでご理解頂くようにしています。

2、その場しのぎの治療は致しません。

葛飾区こばやし接骨院では、その場しのぎの治療は致しません。
よく、「治療すると楽にけど、1日、2日するとまた痛くなる」というお話を聞きます。
葛飾区こばやし接骨院では、その場しのぎの治療ではなく患者様が治療を受けなくても、痛みが出ないカラダになることが一番と考え、施術にあたらせて頂いています。

3、ホームエクササイズのサポート

患者様から自宅でも出来る事ありますか?とたまに聞かれる事がございます。その際に、その場でもわかりやすく丁寧にご説明させて頂きますが、自宅に帰られるとわからない部分が出てくることがあります。そんな際に、こばやし接骨院ではエクササイズ動画を配信させて頂いていますのでご自宅で再度確認しながら行うことが出来ます。

PAGE TOP