外傷

葛飾区こばやし接骨院|突き指

突き指

突き指とは?

突き指とは、指の骨と骨と繋いでいる靱帯や指を曲げ伸ばしする筋肉を痛めてしまうケガです。
指が腫れてきたり、指の曲げ伸ばしをすると痛むといった症状が現れてきます。
重度になると、関節部に内出血が出てくることもあります。

突き指かと思ったら…

また、突き指かと思ったら骨折や筋肉が断裂していることも。
骨折といっても、ボキッと折れている骨折ではなく剥離骨折といって骨の端が剥がれてしまうような骨折です。
突き指と剥離骨折では、腱を痛めているのか・腱の付いている骨が剥がれてしまったのかの違いで痛い部分など症状は似ています。
そのため、突き指かと思ったら剥離骨折していたなんてこともあるためしっかり検査してもらいましょう。

超音波観察器(エコー)で患部の状態がわかります

超音波観察器(エコー)を使用することで、患部の状態がわかります。
そのため、当院ではエコーで患部の状態を確認させて頂き骨折している可能性がある場合は提携させて頂いている整形外科に紹介させて頂きレントゲンを撮って頂いています。

葛飾区こばやし接骨院での突き指の治療の流れ

最新の治療機器にて、回復を促す

葛飾区こばやし接骨院で使用している電気治療器は、プロスポーツ選手が使用していたり、オリンピックなどの世界大会などで帯同している治療機器です。ケガを回復させることに特化しており、「腫れを抑える」「痛みを早期に除去する」など様々な効果があります。

手技療法を行う

ケガの直後は行いませんが、炎症が治まってきたら手技療法を行っていきます。
手技療法を行うことで、血流の流れを良くして患部の修復を促したり、関節の動きを悪くしないようにするなど突き指が早く治るように様々な事を行っていきます。

患部を固定する

患部を固定することで靭帯や筋肉が安静に保たれ、負担がかからないようになります。患部の安静が保たれていると炎症、腫れなどが早くおさまり、回復が早まります。

完治する前に、運動をしなければいけない場合はテーピングなどでサポートします!

突き指は、バレーボールやバスケットボールなど運動をしている方に多く発生します。
そのため、大会前に突き指をしてしまったなんていうケースも少なくありません。
そのような場合は、患者さん(子供の場合は親御さんを含め)と大会までの治療計画を相談していつまで休むのか・今無理してしまうと起こりうる可能性などをお伝えしながらサポートしていきます。
大会などで出る場合は、テーピングなどを行わせて頂き大会に出れるようにサポートしていきます。

  1. 外傷

  2. 突き指を早期に治すこだわりの治療法

    ~Jamming a finger~

  3. 肉離れを早期に治すこだわりの治療法

    ~Muscle strain~

  4. ねんざを早期に治すこだわりの治療法

    ~Sprain~

PAGE TOP