打撲

打撲とは?

転倒や物にぶつけるなどにより、傷口を伴わない軟部組織(筋肉・皮下組織)を損傷するもの。みなさんが、よく「打ち身」というもので青アザになってしまったりします。
身体のさまざまの部分で起こります。

早期に打撲を回復させるこだわりの治療法

1、打撲を早期に回復させる充実した治療機器

こちらの治療機器は、オリンピックなどにも帯同いている治療機器です。 立体動体波という電気が深部まで流れて、炎症と痛みを抑えます。また、微弱電流をいって人には感じないぐらい弱い電気を流して骨の損傷の回復を促進します。

2、腫れや炎症を抑えるために包帯固定

打撲の場合、痛めた筋肉などの軟部組織から出血が出ており炎症を起こしているため患部を包帯などで圧迫します。また、強い打撲のなどの際はしっかり包帯などの処置をしないと硬い部分が残ってしまい、突っ張り感などの残ってしまう可能性があります。

<打撲後にしこりが出来てしまって困っている方>

打撲後にしこりが出来てしまって困っている方の治療も行います。
しこりがあると、突っ張り感が残ってしまったり、患部を軽くぶつけるだけですごく痛みが走ることがあるためしこりを取るような治療をすることをおすすめします。

PAGE TOP