捻挫(ねんざ)

ねんざとは?

足首を捻る、ボールを捕り損ねる。などといった強い外力、あるいは激しい捻りを受けることにより、関節周辺の関節包や靭帯を痛めることを捻挫といいます。足首がもっとも多いですが、指や腰など体のあらゆるところで捻挫は起こります。あまり知られていませんが、突き指も捻挫のひとつです。

早期にねんざを回復させるこだわりの治療法

1、ねんざを早期に回復させる充実した治療機器

葛飾区こばやし接骨院では、最新の治療機器を完備しており回復をサポートします。
ねんざの治療の場合、当院では主に二つの電気治療を使用します。

<炎症と痛みを抑えてくれる立体動体波電流>

こちらの治療機器は、オリンピックなどにも帯同いている治療機器です。 立体動体波という電気が深部まで流れて、炎症と痛みを抑えます。

<さらに炎症を抑えてくれる微弱電流>

通常の感じる電気だけではなく、微弱電流といって人体には感じないくらい弱い電気を流して炎症を抑えていきます。また、腫れを抑える効果も非常に高く効果的です。

2、ライフスタイルに合わせた固定

葛飾区こばやし接骨院では、患者様のライフスタイルに合わせた固定を行うようにしています。ねんざの場合、固定を行ったほうが必ず早く良くなりますし、後遺症が残るリスクも回避出来ます。しかし、仕事などの生活スタイルによって固定が難しい場合がありますので、患者様と相談させて頂きライフスタイルに合った固定をします。

3、リハビリを行えるスペースを完備しているため、最後まで安心して治療出来ます。

葛飾区こばやし接骨院では、リハビリを行えるスペースや設備を完備しています。特に足首捻挫の場合、関節が固まったり、筋肉が落ちるためリハビリは不可欠になります。特に、スポーツ選手などのアスリートの方はリハビリを行わずに競技復帰するとパフォーマンスが低下してしまったり、ケガをしやすくなってしまうため競技に復帰に向けてリハビリをしっかり行う必要があります。

PAGE TOP