野球肩・野球肘

野球肩・野球肘とは

野球肩野球肘とは、投球時に肩や肘が痛む症状を総称して言います。
そのため、野球肩・野球肘には「腱板損傷」「上腕二頭筋長頭腱炎」「内側上顆炎」などと言った様々な症状があります。
ですので、野球肩・野球肘といっても人によっての前側が痛んだり、後ろ側が痛んだりと症状が異なるのです。

こんな悩みを持つ野球選手のかたは、ご相談ください!

→治療で肩や肘しか触ってくれず、なかなか改善しない
→他院にいったが電気治療のみで治療時間が短く良くなるか不安
→痛みが引いては痛くなるを繰り返している
→野球だけではなく、日常生活にまで支障をきたしている

上記の中で、一つでも該当するものがありましたらご相談ください。
当院が役に立てるかもしれません。

野球肩・野球肘を治すために必要なこととは

野球肩・野球肘を治すとなると、どうしても痛みがある肩や肘に目が行きがちになってしまいます。
しかし、野球肩・野球肘になる原因の多くは実際のところ肩や肘以外にあることがとても多いのです。
そのため、野球肩・野球肘を治していくためにはその原因を見つけ出すことが大切になります。

いくつか野球肩・野球肘の原因として多いものを紹介します。

【野球肩・野球肘になる原因として多い要因】

1、背骨・肩甲骨が硬い

当院に来院された野球肩・野球肘の患者さんを診察する時に必ずみるポイントとしているのが背骨と肩甲骨です。
この二つの部分は、投球動作において必ず動かなければいけない部分になります。
そのため、背骨や肩甲骨が硬くなると本来の動きが出来なくなってしまい肩関節や肘関節に無理な負担がかかってしまいます。
ですので、必ず当院では背骨と肩甲骨の柔軟性をチェックするようにしています。

2、股関節が硬い

二つ目の必ずみるポイントとしているのが股関節です。
投球動作は必ず、地面に足を着いて行います。
そのため、股関節の柔軟性が確保出来ていないと投球時にカラダが開いてしまい肩関節や肘関節大きな負担がかかってしまいます。
ですので、必ず当院では股関節の柔軟性をチェックするようにしています。

【子供の場合、筋力が弱いことで痛くなることはほとんどない】

子供の場合、筋力が弱くて野球肩・野球肘になることはほとんどありません。
筋力が弱いのではなく、筋肉の柔軟性が低下していることが原因の場合がほとんどです。
そのため、子供の場合はしっかり筋肉の柔軟性を高めてあげることで良くなっていくことが多いです。

こばやし接骨院のこだわりの治療法

【最新の治療機器を完備】

プロアスリートやオリンピック選手などが治療やコンディショニングで使用している機器を使用して治療します。

手技(マッサージ)では届かなかった、より深い筋肉へのアプローチが可能になり、患者さん一人ひとりの症状にあわせた最適なオーダーメイド治療を行います。

 

 

【ストレッチやリハビリまで行います】

投球動作は全身運動です。そのために、肩や肘以外に原因が多いと説明させて頂きました。
ですので、当院では野球復帰に向けて全身のストレッチやリハビリを行っていき無理のないスムーズな投球動作を行えるようにしていきます。

PAGE TOP