腰痛とは・腰痛の施術について

腰痛とは

腰痛とは、身体に現れる症状の名称で、実は病気の名前ではありません。
そしてこの腰痛の多くは、自分でなにかした覚えもなくいつの間にか痛くなっていることがほとんど。
しかし、痛みが出てるからには必ず原因があり、その原因は日常生活の歩行や姿勢などの動作の中に隠れています。

腰痛と姿勢

腰痛と姿勢は、密接な関係にあります。
従来、背骨は全体的に「S字」を描くのが正しい姿勢です。
しかし、現代社会ではスマートフォンなどを見ようと頭が前方に移動して首の付け根から背中にかけて急激に丸まっている猫背のような悪い姿勢になっている方が多くいらっしゃいます。
このように姿勢になると、首の付け根から背中にかけて急激に丸まってるバランスをとるために反動的に骨盤は前方に傾き腰が反ってきます。

腰が反っていると、腰部に筋肉は緊張し腰椎の後方にある侵害受容器(痛みのセンサー)は圧迫させ刺激させるため腰痛が引き起こされると考えられます。

腰痛とカラダの動かし方

腰痛において、痛みを感じる動きは前かがみや腰を反らしたとき・カラダを捻ったときなどが多いのではないでしょうか。
どの動きでおいても、厳密には腰だけで行っているわけではありません。
人間には、背骨が頸椎・胸椎・腰椎合わせて24個存在します。
そして、どの動作においてもこの頸椎・胸椎・腰椎合わせて24個が全体的に動くことで可能にしています。

そのため、どこかうまく動かせない部分があると余分な負担がかかってしまい腰痛を引き起こします。

腰痛の施術方法

先述の様に2つの理由があるため、「姿勢」と「カラダの動かし方」を改善することが腰痛の解消につながります。

腰痛を改善するため上で特にポイントとなってくるのは①「肋骨と骨盤のポジションを整える」②「自分でカラダを動かせる」の2点です。

肋骨と骨盤のポジションを整えることで、背骨やコアと呼ばれる中心部が安定することで腰の反りは改善していきます。

また、日常生活においてカラダを動かすのは自分自身です。
そのため、自分でコントロールして背骨を動かせるようになることが大切です。

ですので、当院では施術と一緒に運動療法を行っていき根本より改善をしていきます。
運動が苦手な方にも始めやすく、かつ効果が出やすい様に、人間が生まれながらにもっている赤ちゃんの発達発育の段階に沿って仰向けやうつ伏せの状態のエクササイズからスタートしていき四つん這いや立位などと順々に行っていきますので安心してください。

腰痛コラム

腰痛にかかる情報をのせていますので、ご覧ください。

腰痛と反り腰の関係性について日本人の約80%の人が一生に一度は経験する腰痛。 そんな腰痛について、お話しいたします。 今回は、そんな腰痛の中でも「腰痛と反り腰の...

こばやし接骨院へのアクセス情報
所在地 東京都葛飾区鎌倉3-11-10
電話番号 /
メール
03-6657-9973 /
info@kobayashiball.com
診療時間 9:00~12:30(予約) / 15:00~21:30(受付順) 土曜日は13:00まで(予約)
休診日 日曜・祝日
駐車場 なし

お問い合わせはこちら