慢性化してしまった太もも裏ハムストリングスの肉離れ治療

今回は慢性化してしまった太もも裏にあるハムストリングスの肉離れ治療を紹介します。
仕事で体を使う方で訓練をしているときに以前より左足ハムストリングスに違和感があり、1カ月位前から痛みが出てきたということで来院されました。
まず実際に触ってみるとゴリゴリとしたしこりがあり、またハムストリングスの柔軟性をみると突っ張り感が強くありました。
またエコーで筋肉の状態を確認してみると肉離れを起こしたような画像が見られました。
患者さん本人は肉離れをした記憶がないそうですが、訓練中におそらく患者さんが気付かないぐらいの小さなキズができていて、そのまま訓練を続けていたので傷口が広がってしまい肉離れになってしまったような感じでした。
患者さんの話の中で左ハムストリングスにいつも違和感が出やすいということだったのですが、実は左右比べて左ハムストリングスのほうが肉離れが多いということがわかっています。
ハムストリングスは骨盤に付いているのですが、左骨盤が前傾といって前に倒れている人が多く、この状態だと左ハムストリングスが常に伸ばされて緊張状態にあるため負担がかかりやすくなってしまいます。
今回の患者さんも左骨盤が前傾しているか調べるテストがあるのですが、やはりテストが陽性で左骨盤を正しい位置に戻すエクササイズを行ったところ、左ハムストリングスの柔軟性が右と同じぐらいになりました。
もちろんこの後肉離れした部分に電気や超音波などの治療も行い、帰りはだいぶ楽に歩けるということでした。
肉離れが慢性的になっていたり、再発したりする人は骨盤の位置が原因になっている可能性もあります。
今後は継続して治療とエクササイズを行うことで肉離れが再発しないようにしていきます。

関連記事

  1. 足の親指骨折治療例

  2. バスケットボール選手足首捻挫の治療例

  3. バレーボールでケガをしてしまった指の剥離骨折治療例

  4. 足首手術後のリハビリ治療例

  5. 野球でのふくらはぎ打撲の治療例

  6. 大会が近い選手の足首捻挫の治療例

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP