大会が近い選手の足首捻挫の治療例

今回は高校野球をやっている選手の足首捻挫の治療例を紹介します。

練習中、接触プレーで足首を捻ってしまい、3週間後に最後の夏の大会があり、どうしても出場したいということで来院されました。
初診時の状態をみると足首の内側、外側ともに腫れが強く、内出血も出ていて、足首を動かすことも体重をかけることもできない状態で、エコーで確認しても靭帯の損傷が強くみられました。
本来であれば2週間は固定して安静を保ち、そこから徐々にリハビリなどを開始していき、1カ月後ぐらいに普段の練習や試合に戻るのですが、大会まで3週間しかないため、そこまでに試合復帰できるように治療していきました。
まずケガ後3日間は腫れを早く引かせるためにコンプレッションアイシングマシーンを行い、同時に微弱電流も流し、痛みや腫れなどを取りながら、靭帯が早く回復するようにしていき、自宅でも微弱電流が流せるようにポケット型の電気を貸して、時間があれば流してもらいました。
また1週間だけしっかり固定を行い安静にしてもらったところ、腫れもほとんど消えて日常生活では痛みが出ないぐらいなりました。
固定は1週間後からは野球ができるぐらいの固定を行い、野球の練習に徐々にに復帰していき、2週間経ってからは固定は外し、テーピングとサポーターをして通常の練習に復帰してもらいました。
練習をしてみて痛みはあまりなく、そのまま大会にも出てもらいましたが痛みなく出場できたということで本当に良かったです。

今回は大会が近いということで固定期間を短くしましたが、本来は2~3週間は固定が必要です。
腫れや痛みが引いてきていても固定期間が短かったり、無理して運動をしてしまうとあとあと痛みや動きが悪くなってしまうことがあるので注意が必要です。

関連記事

  1. 野球でのふくらはぎ打撲の治療例

  2. 足首捻挫と間違われやすい足首骨端線損傷の治療例

  3. 足首手術後のリハビリ治療例

  4. 太ももの肉離れ治療例

  5. 足の親指骨折治療例

  6. バレーボールでケガをしてしまった指の剥離骨折治療例

PAGE TOP