太ももの肉離れ治療例

今回は太もも前側にある大腿直筋という筋肉の肉離れ治療を紹介します。

中学生の野球をやっている選手で当院に来院する3週間前、練習中にダッシュをした際に痛めたそうなのですが、我慢できる痛みだったのでそのまま練習を続けていたら最近になって少しでも走ると痛みがあり、野球ができないということで来院されました。
まず太ももをみてみると痛めていない方の足と比べて若干腫れているのがわかりました。
またその部分を触るとごりごりしたしこりみたいなものができていてい、押すと痛みもあります。
ごりごりした部分をエコーで見てみるとやはり肉離れが治りきっていない部分がありました。
上の画像で黒く残っている部分は瘢痕組織といって、筋肉ではない柔軟性や強度がとても弱い組織なのでこれが残っていると運動の負荷にこの部分が耐えきれず痛みが出てしまいます。
この瘢痕組織というものができてしまった原因としては肉離れを起こしていたのに無理に運動を続け、また治療もしてなかったことが考えられます。
しこりがなくならないと運動をしても痛みが出たり、肉離れが再発することもあるので、治療としてはこのしこりを取っていくのと同時に徐々にリハビリを行い、肉離れしてしまった筋肉が運動の負荷に耐えられるようにリハビリを行いました。

○治療初日~2週間
しこりを取るのに手の治療だけでなく、微弱電流や超音波を使うと取れやすいのででこれらをまめに流します。
今回は肉離れをして時間も経過していたので、ストレッチをできる範囲で行いました。

○2週目~3週目
微弱電流や超音波は継続しつつ、しこりも小さくなってきたので運動の負荷に耐えられるようにするためのリハビリトレーニングを開始します。
トレーニング強度は負荷の少ないものからはじめ、徐々に強度を上げていき運動の負荷に耐えられるようにしていきます。
3週目ぐらいに再度エコーで肉離れした部分をみたところほとんどしこりがなくなっていました。
しこりがなくなっていれば筋肉の状態がかなり良くなっているので、ここからはストレッチやリハビリトレーニングの強度を上げていき、野球に復帰となりました。

今回はしこりができてしまったわりには早くしこりがなくなったほうです。
しかし肉離れは「ちょっとぐらいの肉離れなら大丈夫かな」と思う人も多く様子をみる人もいますが、そのために治療がしこりができてしまい、しこりがなくなるまでに数カ月単位かかる人も実際にはいます。
肉離れ後にしこりが作らないのが1番なので、肉離れをしてしまったかなと思ったらすぐに治療を受けましょう。

関連記事

  1. 足の親指骨折治療例

  2. 足首手術後のリハビリ治療例

  3. 足首捻挫と間違われやすい足首骨端線損傷の治療例

  4. 大会が近い選手の足首捻挫の治療例

  5. 野球でのふくらはぎ打撲の治療例

  6. 慢性化してしまった太もも裏ハムストリングスの肉離れ治療

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP