指の剥離骨折治療葛飾区こばやし接骨院

今回は指の剥離骨折の治療を紹介します。
バスケットボールをしているときボールを取り損ねた際に指がボールに当たりケガをして来院されました。
本人は突き指かなと思っていたようですが、腫れも強く、指が動かなくなってきたので心配になって来られました。
指を診てみるとたしかに腫れも強く、指の曲げ伸ばしにも制限があります。
また骨の部分に押しての痛みが強くあったので、エコーで確認したところ骨折の疑いがあったので整形外科に行ってもらいレントゲンを撮ってきてもらいました。

上の写真を見てみると赤い丸印のところがやはり骨折していました。
患者さんの話を聞いてみるとボールを取ろうとしたときに指がはじかれ指が無理に反ってしまったそうです。
骨折してしまった部分には指を曲げる筋肉が付いているので、急激に無理に指が反らされると指に付いている筋肉が反らされないように指を曲げようとするのですが、その筋肉の力よりも強く伸ばされてしまうと、今回のような剥離骨折が起きてしまいます。

指の剥離骨折は固定するポジションがとても重要です。

剥離骨折が起きているので、それ以上骨が剥がれなように骨を寄せておく必要があり、骨を寄せる方法として指を曲げる筋肉が緩むように指を曲げて固定する必要があります。

指を伸ばしたまま固定をすると指を曲げる筋肉が緊張してしまい、骨が余計に離れようとしてしまい骨が付くのが遅れしまい、最悪くっつかないで終わってしまうこともあります。

今回の患者さんも3週間ぐらい固定し、しっかりと骨がついたところでリハビリも開始し、指の曲げ伸ばしも違和感なくできるようになったところで終わりになりました。
指の剥離骨折も固定や治療が遅れてしまうと指の腫れが引きづらくなってしまったり、指の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなってしまうこともあるので気を付けましょう。

葛飾区こばやし接骨院。柔道整復師の国家資格を保有。野球やサッカー・バレーボールなどスポーツの現場で活躍しているためスポーツ障害や外傷の臨床経験が豊富。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP