スポーツ施術

スポーツにおける腰の痛み

根本的に腰痛を改善します!

スポーツにおける腰痛の原因は競技によって様々です。
野球における腰痛・バレーボールにおける腰痛など腰痛といっても競技によって負担のかかり方が異なるため競技によって見ていくポイントが違います。
そのため、当院では腰痛といっても
・どんな競技をしているのか?
・どのような動作が痛いのか?
など、その方の状態をしっかり把握することを大切にしています。

同じ腰痛でも競技によって原因は異なる
腰痛と聞くとみな同じような気がするが、競技によって原因は異なってくる。
例えば、野球の場合では投球・バッティング共に回旋動作であるため回旋の動きが重要になってくる。
しかし、実際には腰椎は回旋動作を持たない。実際に回旋動作を行っているのは胸椎と股関節である。
そのため、野球の投球やバッティングで腰痛がある場合には胸椎や股関節の状態を確認することが重要になる。
また、バレーボールのアタッカーの場合は空中でアタック動作をするため体幹の安定力・胸椎の伸展が重要になってきます。
空中でぶれない体幹と打つときに体を反らすため胸椎の伸展が出来ないと腰を反らせるため重要です。
このように、競技のよって腰痛の起こる原因は異なります。

スポーツにおける腰痛の場合、運動療法が重要!
スポーツにおける腰痛は、必ず運動療法(リハビリ)が重要になります。
その理由は、そのスポーツにおける運動負荷に耐えうるカラダにしなければいけないためである。
先程の野球にいえば、胸椎と股関節の可動域を拡大したり、バットを振った時に遠心力に負けずにカラダを保つ力を付けなければいけません。
そのため、当院では必ず治療を一緒に運動療法を行い、スポーツを行っても痛みの出ないカラダ作りをしていきます。

PAGE TOP