スポーツ施術

ジャンパー膝・腸脛靭帯炎などの膝の痛み

根本から膝痛を改善します

膝は、「走る」「蹴る」「ジャンプ」などの動作で酷使されるため、サッカーやバレーボール・バスケットボールなどの様々なスポーツにおいて痛みが出る部分です。
代表的なものでは、ジャンパー膝・腸脛靭帯炎・鵞足炎といった障害があります。
・痛みに耐えながらプレーしている選手
・痛みのために練習を休まれている選手
・痛みのために思うようにプレーできない選手
膝の痛みのために思う存分、スポーツが行えてないのではないでしょうか。
当院では、そんなスポーツ選手をスポーツに復帰させるまで治療を行っていきます。

足首や股関節を中心としたメディカルチェック
まずを痛みの原因を追究します。
膝痛の原因の多くは、足首や股関節にあることが多いです。その理由は、「走る」「ジャンプ」といった動作をするのは足首・膝・股関節の連動運動だからです。
そのため、足首や股関節に問題があると膝にかかる負担が増えてしまい膝痛を引き起こします。
ですので、まずは足首や股関節を中心にメディカルチェックを行い原因追及をします。

運動療法に力を入れています
先程お話ししたように、原因は足首や股関節にあることが多い。
そのため、治療でも足首や股関節の機能改善が重要になります。
足首や股関節の機能改善には、運動療法を行っていきます。

ジャンパー膝について
ジャンパー膝とは、膝蓋靭帯や大腿四頭筋腱の炎症によって膝のお皿の上下が痛む症状です。
多くは、バスケットボールやバレーボールなどのジャンプと繰り返す競技やサッカーのキック動作やダッシュを繰り返す競技に多く発生するスポーツ障害です。

詳しくはこちら

ランナー膝について
ランナー膝とは、腸脛靭帯と大腿骨外顆が擦れることで腸脛靭帯に炎症が起こり膝の外側が痛くなる障害です。
マラソンなど長距離ランナー―に多く発生し、マラソンを始めて半年から1年くらいの人に多くみられます。

詳しくはこちら

鵞足炎について
膝の内側には、鵞足部と呼ばれる部分があります。
この鵞足部には、「縫工筋」「薄筋」「半腱様筋」といった三つの筋肉が集まっており、この三つの筋肉を後ろ側から見るとガチョウの足のような形に見える為、鵞足部と言われています。

膝関節の屈伸に伴う膝関節内側側副靭帯の前部繊維と鵞足部の間に摩擦が、腱の付着部や鵞足滑液包で炎症をきたしたものを鵞足炎といいます。

詳しくはこちら

PAGE TOP