股関節の動きを改善する『後方ゆさぶり』

今回は股関節の動きを改善する『後方ゆさぶり』を紹介します。

『後方ゆさぶり』をおこなうことでお尻のストレッチや股関節を曲げる動きを体に学習させることができます。
歩行で足を上げる時にお尻の筋肉などが硬いと足を上げる動きを妨げてしまいます。
また痛みなどがあってかばった動きなどをしていると体がそれを覚えてしまい、本来の股関節を曲げる正しい動作を体が忘れてしまっていることがあります。
股関節の正しい動きを忘れてしまっているせいで「歩くときに足があがりづらい」、「腰が曲げづらい」などの症状も出てしまいます。
 
左の写真がまっすぐ足が上がって正しい足のあげ方なのですが、お尻の筋肉が硬かったり、股関節を曲げる動きが正しくできないと、右の写真のような代償動作が出てしまいます。
代償動作が出てしまうと腰を反ったり、太ももの筋肉だけで無理矢理足を上げようとするので腰を痛めたり、膝を痛める原因にもなります。
『後方ゆさぶり』をおこなうことで股関節の正しい使い方を覚えることができ、足があげやすくなったり、腰を曲げるのが楽になったりします。
また四つ這いの姿勢をとるので、実は肩の力を高めたり、体幹の力を強くするのにも効果があります!
『後方ゆさぶり』を行うと体にいいことが多いのでぜひやってみて下さい!
葛飾こばやし接骨院

葛飾区こばやし接骨院。柔道整復師の国家資格を保有。野球やサッカー・バレーボールなどスポーツの現場で活躍しているためスポーツ障害や外傷の臨床経験が豊富。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP