足首の動きを改善する『アンクルサークル』葛飾区こばやし接骨院

今回は足首の動きを改善する『アンクルサークル』を紹介します。

今回紹介する『アンクルサークル』は足首を捻挫したあとのリハビリや足首の動きが悪くなっているのを改善するとても良いエクササイズです。
足首を捻挫した後に固定をしていると足首周りの筋肉や足首の関節を覆って守ってくれている関節包という袋が硬くなってしまうことがあります。
仰向けで行うことで足首周りの筋肉に余分な力が入らなくなるので、足首の関節包に刺激が入りやすくなります。
また『アンクルサークル』では足首を回す動きがありますが、足首だけでなく関節は回すことで関節包に刺激が入り動かしやすくなるので回す動きは関節にはとてもいい動作になります。
『アンクルサークル』は関節を上下に動かしたり回したりするのですが、この動作をゆっくり行うと今自分がどの動きが苦手なのかもわかり、その動きを重点的に動かすことで足首の動きは改善していきます。
足首の動きが制限されていると足首だけでなく、膝の痛みや足底筋膜炎などいろいろな痛みがでることが多いので、しっかりと足首を動けるようにしておきましょう!

葛飾区こばやし接骨院。柔道整復師の国家資格を保有。野球やサッカー・バレーボールなどスポーツの現場で活躍しているためスポーツ障害や外傷の臨床経験が豊富。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP