股関節の動きを改善する『マルチ後方ゆさぶり』

今回は股関節の動きを改善する『マルチ後方ゆさぶり』を紹介します。


以前に『後方ゆさぶり』というのを紹介しましたが、『後方ゆさぶり』を行ったあとに、この『マルチ後方ゆさぶり』を行うとさらに股関節の動きが改善されます。
股関節の動きで足を上げる動作のときはただ真っ直ぐ股関節が動いているわけではなく、内旋といって股関節は少し内側に回りながら股関節は動いています。
そのため内旋の動きがない人は股関節を曲げていったときに股関節に詰まりを感じてしまいます。
股関節に詰まりを感じる人は股関節の前側にある筋肉などが関節に挟まっている状態なので、詰まったまま生活やスポーツを続けると痛みとなって現れてくるので注意が必要です。
そこで股関節の内旋を作る動きでオススメなのが『マルチ後方ゆさぶり』です。
『マルチ後方ゆさぶり』は股関節を曲げながら内旋させるので股関節を曲げる動きを作るのにとてもオススメです。
『マルチ後方ゆさぶり』を行ってみるとはじめ股関節に詰まりを感じる人もいると思います。
その場合まず詰まりを感じる手前まで行い、それを繰り返しているうちに徐々に動かせる範囲が大きくなってきて詰まりがなくなってきます。
詰まりがなくなってきたということは股関節の内旋という動きが出ているからです。
足が上げづらかったり、股関節が詰まる人にはとてもオススメのエクササイズです。

葛飾区こばやし接骨院。柔道整復師の国家資格を保有。野球やサッカー・バレーボールなどスポーツの現場で活躍しているためスポーツ障害や外傷の臨床経験が豊富。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP