ふくらはぎの肉離れをしてしまったとき、治療はもちろん必要ですがスポーツに復帰したり、日常生活でも肉離れをする前のように動けるようになるためにはふくらはぎの筋肉をストレッチしたり、筋力を戻すリハビリが必要です。
今回はふくらはぎの筋力をつける『カーフレイズ』というエクササイズを紹介します。

この『カーフフレイズ』というエクササイズはかかとをあげてふくらはぎの筋肉を鍛えます。

『カーフレイズ』を行うときに大事なポイントが2つあります。
1つ目は全部の指にまんべんなく体重をかけることです。
なんとなくかかとを上げると小指の方に体重が乗ってしまっている人が多く見られます。
 
左側の写真を見てみると小指側の方に体重が乗ってしまっているのがわかると思います。
ふくらはぎの筋肉は内側と外側に分かれていて、内側の方を痛めてしまうことが多いのですが、『カーフレイズ』を行うときに小指側に体重が乗ってしまっていると外側の筋肉は鍛えることができますが、内側の方を鍛えることができないので、右側の写真のようにしっかりと全部の指に体重を乗せて行うことで内側の筋肉もしっかりと鍛えることができます。

2つ目はしっかりと指先まで体重を乗せることです。
かかとを上げる際に指が曲がっていたりして、かかとが上がりきっていない場合があります。
 
これだとふくらはぎの筋肉をしっかりと鍛えることができません。
『カーフレイズ』を行うときはしっかりと指先まで体重を乗せることで筋肉を鍛えることができます。

また歩くときは片足立ちなる瞬間があるので、片足での『カーフレイズ』ができるようになるぐらいまでには筋肉を鍛えておく必要があります。
ふくらはぎの肉離れ後に治療だけでリハビリをやらない人も多いですが、ふくらはぎの筋力や柔軟性を高めることで再発などを防ぐことができるようになるので頑張ってやりましょう!

葛飾区こばやし接骨院。柔道整復師の国家資格を保有。野球やサッカー・バレーボールなどスポーツの現場で活躍しているためスポーツ障害や外傷の臨床経験が豊富。