今回は太もも裏ハムストリングス肉離れ後のリハビリ『ショルダーブリッジ』を紹介します。

ショルダーブリッジは太もも裏肉離れ後の始めのリハビリで筋肉を鍛えるのにとてもオススメのエクササイズなのですが、間違ったやり方でやっていると太もも裏の筋肉に力が入らず効果がないので、正しいやり方で行えるようにポイントを紹介します。

1つ目はヒップリフトというエクササイズと間違いやすいのですが、やり方や鍛える筋肉が少し変わります。
ヒップリフトは一気にお尻を上げるので主にお尻の筋肉を鍛えるますが、ショルダーブリッジは骨盤を後ろに傾けながら背骨を徐々に持ち上げていくので太もも裏の筋肉を鍛えることができます。

2つ目はお尻を上げていくときに足の裏のどこの部分で地面を押しているかです。
ショルダーブリッジを行っているときに見られるエラーとして1番多いのが足の前側のほうで地面を押している人です。
バランスボードというのを使うとわかりやすいのですが、ボードの前側に体重が乗っている場合、膝を伸ばすようにボードを押しているので太もも裏の筋肉というより太ももの前の筋肉を使ってお尻をあげようとしているので、太もも裏には全く効果がなくなってしまいます。
ショルダーブリッジをやった後に太ももの前が疲れるようだとNGです。

またかかとのほうに体重が乗っている場合、ふくらはぎの筋肉であげているのでこれも太もも裏に力が入りづらいです。

正しいやり方は足裏全体で真下に地面を押すと太もも裏にしっかり力が入ります。
真下をしっかり押せていればボードは真っ直ぐを保っています。

両足で出来るようになったら片足でもやってみましょう。
両足より片足で行った方が筋肉に力が入っているのが分かりやすいですし、きついですがスポーツをやる人なら片足で出来るぐらいにはなりましょう。

太もも裏は足の肉離れの中でも1番多いところで、スポーツをしている人は特にリハビリが大事になります。
この筋肉はしっかりと筋力、柔軟性を戻しておかないと体重を支える部分になるので、ダッシュで足を踏み込んだり、ジャンプをしたりするときに全力で行うのが恐くなってしまうので、しっかりと鍛えておきましょう。

葛飾区こばやし接骨院。柔道整復師の国家資格を保有。野球やサッカー・バレーボールなどスポーツの現場で活躍しているためスポーツ障害や外傷の臨床経験が豊富。