肘の内側には野球でボールを投げる時に使う筋肉が付いていて、これが硬くなってしまうと筋肉自体に炎症が起きたり、筋肉が骨を引っ張るような力が働き骨が剥がれてしまったり、骨端線部分が広がってしまい痛みの原因となってしまう。

野球をやっていて肘の内側の筋肉をストレッチする選手は多いが、やっているところをみるとやり方が間違っている選手がとても多い。
小・中学生の子はなんとなくやっている場合が多く、筋肉がしっかりストレッチされていない。
野球では人差し指と中指を使って投げることがほとんどで肘からこの2本の指に付いている筋肉を伸ばすことがとても大事。
しかし子供たちがなんとなくやっている姿を見ると人差し指と中指というよりは下の写真のように薬指や小指を反らしてやっている子が多い。
 
これだと人差し指と中指に付く筋肉がストレッチされないので、ほとんど効果がない。

人差し指と中指に付く筋肉をしっかりストレッチするためには下の写真のように行う。
 
手首が斜めにならないように真っ直ぐにし、4本の指をつけ根からしっかりと反らす。
こうすることで野球で使う肘の内側の筋肉をストレッチすることができる。

練習後とかに子供たちがストレッチする姿はとても良いことだが、きちんと見ていないと間違ったやり方でストレッチをしている子が多い。
野球肘を予防するためにはしっかりストレッチされているかどうか大人の人が確認してあげよう。

葛飾区こばやし接骨院。柔道整復師の国家資格を保有。野球やサッカー・バレーボールなどスポーツの現場で活躍しているためスポーツ障害や外傷の臨床経験が豊富。