鵞足炎とは

膝の内側には、鵞足部と呼ばれる部分があります。
この鵞足部には、「縫工筋」「薄筋」「半腱様筋」といった三つの筋肉が集まっており、この三つの筋肉を後ろ側から見るとガチョウの足のような形に見える為、鵞足部と言われています。

膝関節の屈伸に伴う膝関節内側側副靭帯の前部繊維と鵞足部の間に摩擦が、腱の付着部や鵞足滑液包で炎症をきたしたものを鵞足炎といいます。

この鵞足部の位置は、膝関節の内側のやや下寄りに位置しているため膝関節というより、内側のやや下の辺りに痛みが出ます。

ランニング動作で脚を後ろに蹴り出す、サッカーのキックで蹴り出した脚を減速させるときなど過度に負担がかかり発症します。
また、ウォーミングアップ不足やオーバーユースなども要因に挙げられます。

症状

膝下の内側(鵞足部)に痛みが生じます。
また、重症になるとじっとしていても痛くなり、日常生活にも支障をきたします。
特に階段の昇り降りで痛みを感じることが多いのが特徴的です。

鵞足炎の施術について

こばやし接骨院では、下記の施術で鵞足炎を改善します。

①鵞足炎を引き起こす原因追及
鵞足炎はランナーに多いと言われており、その理由はひざの曲げ伸ばしが多いからです。
また、足首に硬さがある方は、走っている時につま先が外を向いたり、ひざがつま先と違う方向を向いてしまっているために負担がかかっています。
屈伸したときに膝とつま先の方向は同じか、走行時に膝が内側に入っていないかなどを確認して鵞足炎を引き起こしている原因を探していきます。

②鵞足部の炎症抑制・消炎鎮痛を目的とした物理療法
痛みを起こしている鵞足部の修復・消炎鎮痛を行うため、電気治療などの物理療法を行っていきます。
また、超音波治療器いった治療器を使用して鵞足部に関わる「縫工筋」「薄筋」「半腱様筋」を温めて緩めていきます。

 

 

③鵞足部に繋がる筋肉を中心に緩める
まずは、硬くなった「縫工筋」「薄筋」「半腱様筋」を重点的に緩める必要があります。
また、足首の柔軟性も鵞足炎に関与するので足首に硬さがある方は一緒に施術していきます。

 

 

④足首を中心にエクササイズを行う
硬くなっている足首などを中心にエクササイズを行い、つま先が外に向くクセを修正したり、膝が内側に入ってしまうクセを改善していきます。
そういった悪いクセをひとつひとつ改善することで、鵞足部に負担のかかりずらい動かし方にしていき鵞足炎を根本から改善していきます。

 

PAGE TOP