スポーツ障害

ジャンパー膝が再発しないように治す治療法

ジャンパー膝

こんなことにお困りではないですか?

□走ると膝が痛い!
□ジャンプすると膝が痛い!
□運動を休むと痛くなくなるが運動をまたやるとすぐに痛くなる!

□バレーボールやバスケットボールなどをしていて膝が痛い!
□ランナーやサッカー選手などで走ると膝が痛くなる!

といったことでお困りの場合は、こばやし接骨院にお任せ下さい!!

ジャンパー膝を治すこだわりの治療法

損傷部位・損傷具合を見極めて治療の方針を決める

ジャンパー膝といってもいくつかのタイプがあり、ジャンパー膝になっても運動をしながら治せるものや運動を休まなければ治せないものがあります。
そのため、まずは患部の損傷具合や損傷部位を的確に判断してその後の治療方針を決めていきます。

あなたがジャンパー膝になってしまった原因を突き止める

ジャンパー膝は、使いすぎによるものだと思われていることがとても多いですがそんなことはありません。
使いすぎではなく、あなたの中に隠れている原因によって使わざるおえない状態になっているために負担がかかってしまっているのです。
そのため、あなたの中に隠れている原因を突き止めるために様々な検査をしていきます。

最新の治療器で早期回復を促す

接骨院の電気治療機器は、プロスポーツ選手が使用していたり、オリンピックなどの世界大会でも活躍する治療機器です。ケガを回復させることに特化しており、「痛みを早期に除去する」「腫れを抑える」「患部の修復を促す」など様々な効果があります。

手技療法を行う

ジャンパー膝に関係ある筋肉を手技療法にて筋肉を緩めていきます。
また、あなたの中に隠れていた膝以外の原因の部分にもアプローチをしていき原因を改善していきます。

スポーツ復帰に向けて痛みの出ない範囲でリハビリを行っていきます

運動を行っている方は、いち早くスポーツに復帰したい方がほとんどです。
だからといって、復帰したらやっぱり痛くなってしまったでは意味がありません。
そうならないために、当院では痛みの出ないリハビリはどんどん行っていきます。
早くリハビリを行っていきたい理由は、早期にスポーツ復帰させ再発させないためです。
治療を行って痛みを軽減させていき、根本となる原因をリハビリで解消していくことが早期にスポーツ復帰させるための最善策と当院では考えます。

当院で行っているリハビリの一部を紹介

股関節の動きを改善する「ランバーローテーション」

ジャンパー膝になる方は股関節の柔軟性が低下ほとんどです。
そのため、リハビリでは股関節を動かし股関節の柔軟性を高めるようにしています。
なぜ、股関節の柔軟性が必要かというと例えばジャンプを行うときに人は股関節・膝関節・足首の三つの関節を使うことで効率良くジャンプすることが出来ます。
しかし、股関節の柔軟性が低下してしまうと股関節が十分に使えなくなってしまうため膝関節や足首にかかる負担が増えてしまうからです。
ですので、こばやし接骨院ではこのようなリハビリを治療と並行して行っていき根本な改善をしています。

ジャンパー膝について詳しく知りたい方

ジャンパー膝について詳しく知りたい方は、こちらをご覧下さい。
ジャンパー膝を早期に治す治療法

・なぜ、ジャンパー膝で痛みが出るのか
・ジャンパー膝を完治させるために必要なこと
などが、詳しく記載してありますので参考にしてみて下さい。

葛飾区こばやし接骨院。柔道整復師の国家資格を保有。野球やサッカー・バレーボールなどスポーツの現場で活躍しているためスポーツ障害や外傷の臨床経験が豊富。

  1. スポーツ障害

  2. ランナー膝を早期に治すこだわりの治療法

    ~Runners knee~

  3. ジャンパー膝を早期に治すこだわりの治療法

    ~jumpers-knee~

PAGE TOP