シンスプリントとは

シンスプリントはスポーツ選手に好発し、別名「脛骨過労性骨膜炎」とも呼ばれています。
ふくらはぎの内側に痛みを訴えのが特徴的で、症状が強くなると歩行や階段といった日常生活においても痛みを感じてきます。

陸上やバスケットボール・サッカーなどの走ることが多い競技に好発し、ふくらばぎの筋肉が硬くなることで下腿の骨が、この筋肉によって引っ張られることで骨膜(骨の表面を被っている膜)に炎症が起こり痛みが生じます。

症状

シンスプリントの症状は、4つの段階に分けられます。

stage1:運動始めは痛みが、ウォームアップをすると消失する
stage2:ウオームアップによって痛みは消失するが、スポーツ活動終了付近になると痛む
stage3:日常生活には痛みがないが、スポーツ中は常に痛む
stage4:局所的な痛みは常にある日常生活にも支障をきたす

このように、最初の頃は少し痛い程度だったのが悪化していくにつれて徐々に症状も強くなっていきます。
また、stage3以上になっている場合は運動を休む必要があります。

診断方法

骨膜の炎症のため、レントゲン上では変化を認めないのが一般的です。
主な診断方法として、MRIや超音波画像診断が用いられます。
症状がなかなか改善しない場合は、再度検査をする必要があります。
そして、骨変化を認めた場合には疲労骨折に診断が変わります。

シンスプリントの施術について

こばやし接骨院では、下記の施術でシンスプリントの施術を行っています。

基本的には、運動を中止して安静を図りますが、それだけではなかなか改善に至りません。
多くの場合は、痛みが弱くなったと思い練習を再開するとまた痛みに襲われるでしょう。
その理由は、安静だけでは根本的な原因は何も解決していないからです。

すねの内側に痛みを感じる症状ですが、多くの原因は足首・膝関節・股関節の動作不良によるものです。

・土踏まずがなくなっていたり
・膝が内側に入ってしまったり
・がに股になっていたり

 

など、様々な要因がシンスプリントの原因になります。

そのため、当院では痛みのある患部だけではなく、足首や膝・股関節など幅広い範囲を検査し原因を突き止めて上で施術を行います。
また、治療と並行して動作改善を行える様に運動スペースも完備してあります。

PAGE TOP