スポーツ障害の施術について

スポーツ障害とは

スポーツ障害とは、例えば「ランナーが、5キロ走ると膝の外側が痛くなる」などといったはっきりした原因が思い当たらないのに一定の場所が痛んだり故障を起こすものをいい、使いすぎ・負担のかかりすぎによって起こるものが多いです。

スポーツ障害に該当するもの
・野球肘
・ランナー膝
・テニス肘
・シンスプリント
・ジャンパー膝   など

当院ではこんな思いはさせません!

▷施術時間が短く、ケガした箇所を少し触られるだけで症状が改善するか心配
▷湿布を張るだけ、電気を流すだけでの施術しかしてもらえず治るか心配
▷治したくていったのに、運動をやめたほうがいいと言われた

当院に来院された患者様から以前治療に通ってたところでは、上記のようなことがあり心配でしたという声をよく耳にします。
当院では、そんな思いをさせませんので安心してご来院下さい。

当院で施術を受ける3つのメリット

競技復帰までの期間の目安がわかる

スポーツ選手がケガしてしまったときに気になるのは、競技復帰までにどれくらいの期間がかかるかではないかと思います。
また、大会まどに間に合うのかどうかではないでしょうか。
当院では、しっかり治療プログラムを組み競技復帰までの目安をたてて施術にあたらせて頂きます。

痛みの原因やメカニズムを理解でき納得して施術を受けられる

現在、通われている治療院ではなんとなく治療を受けているのではないでしょうか?
あなたが痛みが出ている原因を理解していますか?
痛みの原因を理解することは、とても重要です。
痛みの原因を理解することで、治療に対する向かい方も変わると思いますし、のちのち行っていくリハビリや再発を予防した体作りの意味合いをしっかり理解して行えるので、より効果的に行えるのでないかと思います。

症状の改善と共に再発を予防した体作りが行える

スポーツ障害の多くは、一度治ったと思ったが再度痛くなるということもあります。
それは、炎症が収まり痛みは引いていたが、悪いクセかその運動負荷に耐えられるだけのカラダが出来ていないかのどちらかになります。
悪いクセがあれば、運動していればまた同じ個所に同じように負担がかかるため再発するでしょう。
また、その運動負荷に耐えられるだけのカラダが出来ていなければ負担がかかり再発するでしょう。
そのため、再発を予防することがとても重要になります。

スポーツ障害の施術で大切な事

スポーツ障害の施術で大切なことは2つあります。
それは、スポーツ障害は「マッサージだけで治るものと治らないものがある」ということです。
上記に少し触れたように、スポーツ障害には悪いクセなどのせいで負担がかかり痛んでいるものがあります。
残念ながら、その場合はマッサージだけでは改善することはありません。
しっかりとマッサージと一緒にリハビリを行って悪いクセを改善する必要があります。

もう一つは、痛い箇所だけを施術しても良くならないということです。
例えば、膝が痛いから膝だけ施術する 肩が痛いから肩だけを施術する

人間のカラダは、運動(カラダを動かす)時に運動連鎖といって様々な関節が連動することで行っています。
そのため、膝に痛みがあるが原因は足首は固いために膝にかかる負担が増えて痛んでいるなんてことはよくあるんです。

そのため、スポーツ障害の施術では、

・マッサージだけでは治らないことがある
・痛い箇所だけを施術しても良くならない

といったことを頭の片隅に入れといて頂きたい。

あなたの大切な競技人生を長く続けるためにも、こういった知識やしっかりとした技術を
持っている、間違いのない施術院をお選びください。

スポーツ障害コラム

スポーツ障害に関わる情報をあげていますのでご覧ください!

鵞足炎(膝の内側の痛み)を早期に回復させる治療方法と原因ランニングや運動をすると膝が痛くなるといった症状に悩まされていませんか? それは、「鵞足炎」かもしれません。 今回は、鵞足炎の症...

こばやし接骨院へのアクセス情報
所在地 東京都葛飾区鎌倉3-11-10
電話番号 /
メール
03-6657-9973 /
info@kobayashiball.com
診療時間 9:00~12:30(予約) / 15:00~21:00(受付順) 土曜日は13:00まで(予約)
休診日 日曜・祝日
駐車場 なし

お問い合わせはこちら