テニス肘とは

テニス肘は、同じラケットスポーツのバトミントン卓球をはじめに、長尺の道具を使ったゴルフなどの競技に発症します。
また、スポーツ選手だけではなくフライパンなどを返す料理人パソコン作業などが多いデスクワーカーにも発症する事が多いです。

腕は日頃からよく使う部分のため、発症するとなかなか治りにくいというのも特徴的で、長引いて慢性化すると手術が必要になることもありますので早めの対処が重要です。

テニス肘は、ラケットでボールを打つ際に衝撃が腕の腱に伝わり、腱が付着している骨の部分を引っ張ることで炎症・痛みを発症します。
この骨の付着部には、たくさんの筋肉がついていますが中でも、グリップを握ったり・手首を動かしたりすることに関与する長橈側手根伸筋短橈側手根伸筋総指伸筋の三つの筋肉がテニス肘には関与していると言われています。

テニス肘の原因

肘が痛くなると、「肘が悪くなった」「肘を使い過ぎた」と考える方も少なくないと思いますが、テニス肘の原因は肘以外にあります。
同じように肘を使っていても痛くなる人と痛くならない人がいます。
そのため、単純に使い過ぎと考えずに以下のような原因がないかと考えることも大切です。

人間は、運動・動作を行う時にカラダの色々な関節や筋肉が連動して行います。
これを「運動連鎖」といいます。
例えば、手首や肘を使う場合は体幹の安定と適切な運動連鎖が必要ですが、体幹の筋力や安定性・柔軟性が低下すると、より末梢部の肘や手首の負担が増してしまいます。
このような状況で、スポーツを行ったり、重い物を持ったりすることでテニス肘が発症する事にも繋がります

テニス肘の症状

テニス肘では、
物をつかんで持ち上げる動作
タオルをしぼる動作
ドアノブを捻る動作  
などで、肘の外側に痛みが出るのが特徴的です。

症状が進行すると、そんなに重くないようなものでもつかんで持ち上げると痛みが出るようになり日常生活に大きく支障をきたすようになります。

テニス肘の診断

テニス肘は、腱や腱の付着部の炎症のため、通常のレントゲンで骨に異常が診られることはありません
そのため、問診や圧痛・疼痛誘発テストで痛みの部分や症状を確認していきます。

テニス肘の施術について

こばやし接骨院では、下記の施術でテニス肘を根本施術を行います。

①腱の微細損傷の回復・消炎鎮痛を目的として物理療法
痛みを起こしている腱や腱の付着部の修復や消炎鎮痛を行うために電気治療を行っていきます。
また、腱の緊張が強い場合などは超音波治療を用いて温熱療法を腱を温めて緩めていきます。

②前腕部の筋肉を中心に緩める
テニス肘が起こる外側上顆部には、前腕にある伸筋群が付着しています。
そのため、前腕の筋肉を緩める必要があります。
また、患者さんによって背部や肩に異常がある場合は一緒に施術していきます。

③肩甲帯を中心としたエクササイズを行う
上記でお話ししたように、原因が体幹や肩甲帯の安定力が低下していることの場合があります。
そのため、体幹や肩甲帯の安定力を高める必要があります。
当院では、専用のマシーンを用いてエクササイズを行って強化します。

PAGE TOP