指の剥離骨折

指の剥離骨折は日常生活からスポーツをしているときなど、いろいろな場面で起こります。
剥離骨折は突き指と症状が似ているので、湿布を貼って様子を見る方もいますが、剥離骨折していた場合は固定をしっかりしないと治らないので注意が必要です。
また剥離骨折の場合、日にちが経った後から施術を開始すると骨が付きづらくなってしまうので、ケガ直後からしっかりとした固定が必要になります。

指の剥離骨折の原因

指剥離骨折を引っ張られたり、ボールが手に当たったりなど指が急激に曲げたし、伸ばされたりした際に指の靭帯や腱に骨が引っ張られて剥離骨折が起こります。

 

指の剥離骨折の症状

指剥離骨折症状

突き指と違い、剥離骨折した場合、ケガ直後から腫れや内出血が著明に出ます。
また骨が折れているため指の曲げ伸ばしの時に痛みとともに制限も出ます。

 

 

指の剥離骨折の対処法

骨が折れているため、添え木などがあれば指の下に添えて安静を保つのがとても重要です。腫れなどがひどい場合はアイシングも効果があります。

こばやし接骨院の指の剥離骨折への施術方法

1.超音波観察と触察で損傷した部分の状態を確認する

指の剥離骨折した部分の所見などでケガの程度などは予測がつきますが、損傷範囲や程度に

よって、その後の経過や施術方法は変わってきます。

また突き指か剥離骨折かの判断をするためにも、超音波観察により詳細な病態が把握できるため、ケガの状態に合わせた正確な施術を行うことができます。

2.電気治療をおこなう

剥離骨折電気治療こばやし接骨院の電気は炎症や腫れなどを軽減、除去し、同時に回復を促進できる電気を行い、また折れた骨がくっつくまでの期間を短縮出来る骨折治療器も行うことで早期回復が期待できます

 

 

3.固定をおこなう

剥離骨折した部分をしっかり固定することで安静が保たれ、炎症や腫れが早く引くことで骨の回復が早まるため、しっかりとした固定がとても重要です。
指の剥離骨折の施術で1番重要なのはいかに早く腫れを引かせるかです。
腫れが早く引くことで骨がくっつきも良くなり、関節が硬くなるのも防ぐことができるので電気治療や特に固定が大事になります。

4.リハビリを行う

剥離骨折で固定をしていると指の関節が硬くなってしまうこともあるので、指の関節が元通り動かせるようにリハビリを行います。

5.患者さんと今後の施術計画を立てる

剥離骨折をしてしまった際に安静にすることがもちろんですが、手を使う仕事などでしっかりとした固定が難しい場合もあると思います。
こばやし接骨院ではそのようなときはリスクを説明したうえで、出来る範囲内での固定をするなど患者さんに合わせた施術を行っていきます。