オスグッド病とは

正式名称は、オスグッド・シュラッター病。膝のお皿の下の骨「脛骨粗面(けいこつそめん)」が隆起し、腫れと痛みが生じる、成長期に頻発する代表的なスポーツ疾患です。
 
オスグッドは筋肉が発達し、運動量が増える小学校高学年から中学生にかけての成長期に多く見られるオーバーユース障害(膝などの使いすぎによる疾患)のひとつです。
膝を曲げると痛みを感じるようになり、ひどい場合には歩くことさえ困難になってしまいます。
 
では、なぜ痛みが生じるのかというと、膝を伸ばす動作は、大腿(太もも)の前面にある筋肉「大腿四頭筋」が収縮し、膝のお皿の下の骨「脛骨結節」を引っ張ることで起こります。
しかし、成長期の子どもは、まだ弱いため、筋肉が繰り返し骨を引っ張ることによって軟骨の一部が剥がれて、腫れや炎症を起こしてしまうのです。
 
オスグッドが初期の状態なら、運動をしばらく控えるだけで治りますが、症状が進むと一定期間は患部の安静が必要となります。

オスグッド=成長痛という誤解

オスグッドは、成長痛ではありません。
「オスグッド=成長痛」という認識に一般的になっていますが、実はオスグットは成長痛ではありません。
成長痛は、しばらく安静にしていれば痛みが取れますが、オスグッドは原因をそのままにしておくとしばらく安静にしていても痛みが取れることはありません。

オスグッドは成長痛ではなく、スポーツ疾患なのです。

症状

スポーツ動作全般で発生しますが、特にジャンプ動作(バレー、バスケ)での膝屈伸時や、ダッシュやキック動作(サッカー)で起こりやすく、膝蓋骨下方にある脛骨粗面に限局した疼痛と強い圧痛が主症状です。

オスグッドの特徴的な所見として、症状が進行するにつれて膝のお皿の下に骨性の隆起を認めるようになります。

診断方法

診断方法は、レントゲン検査が有効的です。
脛骨粗面に限局した骨端核の変化や遊離骨片を認めることがあります。
さらにMRI検査では、骨軟骨を覆う膝蓋腱の肥厚や周囲の炎症性変化が確認できます。

当院では、超音波観察機で骨の隆起や腱の肥厚を確認していきます。

オスグッド病の施術について

こばやし接骨院では、下記の施術でオスグッドを施術していきます。

①しゃがみきれるかを確認する
オスグッドの原因として、多いのはひざに近接している股関節と足首の可動域の低下です。
そのため、まずは簡単に足を揃えてしゃがみ切れるかを確認します。
下までしゃがみ切れなかったり、後ろに転んでしまう場合は股関節や足首の可動域の柔軟性の低下などをいった問題点があるはずなので確認します。

②脛骨粗面部の微細損傷の回復・消炎鎮痛を目的として物理療法
痛みを起こしている脛骨粗面部の修復・消炎鎮痛を行うため、電気治療などの物理療法を行っていきます。

③太ももの前の筋肉を中心に緩める
太ももの前の筋肉が膝蓋靭帯を介して脛骨粗面を引っ張って痛みを起こしています。
そのため、まずは硬くなった太ももの前の筋肉を重点的に緩める必要があります。
また、その患者さんのよって股関節や足首の可動域制限がある部分は一緒に施術を行って改善していきます。

④股関節や足首を中心にエクササイズを行う
オスグッドの炎症を抑えて、太ももの前の筋肉を緩めれば症状は改善していきます。
しかし、これだけではおそらくまた運動すると痛みがでるでしょう。
その理由は、オスグッドの根本的な原因となった股関節や足首の可動域は改善していないからです。
ですので、当院では股関節や足首を中心にエクササイズを行い根本的な原因を改善してオスグッドを再発しない体作りを行っています。

PAGE TOP