足底筋膜炎とは

長時間の立位や歩行、ランニングなど足底に負荷が加わる動作を繰り返したことによって足底筋膜に炎症が生じてかかとの内側から中央にむかって痛みが生じます。
足底筋膜炎の特徴的な症状として、「起床時など動き始めの一歩目に足の裏側に痛みが生じる」「しばらく歩いていると痛みがなくなる」などが挙げられます。

足底筋膜にかかる負担は、足を着地させた衝撃(圧迫力)足を蹴り出すときに筋肉が収縮する力(牽引力)の二つによって起こります。
そのため、足底筋膜炎の中でも原因は異なります。

足を着地させた衝撃によって起こっている場合は、足底筋膜の緊張が低下していることが多いです。
踵骨付着部は荷重応力は分散する機能を持っていますが、足底筋膜の緊張が低下している場合には荷重を分散することが出来ずに踵骨付着部に負担が集中するため痛みを生じます。

また、足を蹴り出す負担によって起こっている場合は、足底筋膜が過緊張していることが多いです。
蹴り出す負担によってふくらはぎから足の裏の筋肉に負担が加わる事で、踵骨付着部に繰り返し強い牽引力が加わって足底筋膜に損傷が生じることで痛みが出ます。

症状

主な症状として、

・起床直後など動き始めの一歩目が痛む
・歩いているとだんだん痛みが良くなる
・かかとの痛い部分を押すと痛む
・足の裏側につっぱり感・違和感を感じる

などが、挙げられます。

足底筋膜炎の施術について

こばやし接骨院では、下記の施術で足底筋膜炎を施術していきます。

①足のアライメントを中心にメディカルチェックをする
足底筋膜炎で悩まれる方の多くは、足のアライメントに異常をきたしていることが多いです。
偏平足や回内足・ハイアーチなど、様々なタイプのアライメント異常があります。
また、このアライメントによって行う施術が異なるため、まずはしっかりとアライメントの確認をします。

 

②足底筋膜部の微細損傷の回復・消炎鎮痛を目的として物理療法
治療機器痛みを起こしている足底筋膜部の修復・消炎鎮痛を行うため、電気治療などの物理療法を行っていきます。
また、足底筋膜はふくらはぎから繋がっているためふくらはぎにも電気治療を行い緩めていく場合もあります。

 

③足底からふくらはぎを中心に筋肉を緩める
上記でお話ししたように、足底筋膜炎は圧迫力と牽引力で痛むタイプがあるため施術の方法も変えています。
圧迫力で痛むタイプはアーチがうまく形成出来ていないためアーチをしっかり作るような施術を行って、牽引力で痛むタイプは足底からふくらはぎまでをしっかり緩めて牽引力を弱くするように施術します。

PAGE TOP